シンワ測定 Shinwa Sokutei レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ フルライン 71609 地墨クロス 現品 レッド エックスライン 34875円 シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 墨つぼ・チョーク 墨つぼ シンワ測定 Shinwa Sokutei レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ フルライン 71609 地墨クロス 現品 レッド エックスライン /anallantoic226.html,レッド,X-Line-E,widgetslive.com,34875円,ROBO,71609,フルライン・地墨クロス,レーザー墨出し器,LASER,シンワ測定(Shinwa,Sokutei),レーザーロボ,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 墨つぼ・チョーク , 墨つぼ,エックスライン 34875円 シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 墨つぼ・チョーク 墨つぼ /anallantoic226.html,レッド,X-Line-E,widgetslive.com,34875円,ROBO,71609,フルライン・地墨クロス,レーザー墨出し器,LASER,シンワ測定(Shinwa,Sokutei),レーザーロボ,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 墨つぼ・チョーク , 墨つぼ,エックスライン

シンワ測定 Shinwa Sokutei レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ フルライン 71609 地墨クロス 現品 レッド エックスライン 送料無料

シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609

34875円

シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609







製造国:中国
指示精度:7.5mで±1.5mm
レーザークラス:出力 2mw以下(JISクラス2)
波長:635~638nm ライン光幅:5mで約2mm 最大到達距離:約35m(使用時受光器使用時)
使用電源:単3アルカリ乾電池4本またはACアダプター 連続使用可能時間(全ライン照射):約3時間 電池消耗警告:スイッチON時にレーザー光が約8秒間点滅
自動補正範囲:±4° 傾斜時警告:本体が大きく傾くとレーザー光が点滅 制動方式:センサー+モーター方式
規格:防塵・防水構造(IP54) 補償:1年間盗難・火災補償付
コーンミラー採用、1光源で360°照射ができます。天墨
■地墨ラインがクロス照射可能。出隅隙間0mm、入隅隙間10mm迄寄せられれます。本体と回転台が分離するので低い位置からの照射も可能です。防塵
■防滴構造IP54ライン固定モード付で斜めにラインを照射可能。スロープの墨付けに便利。電子水平センサー+モーターの制動方式。高層ビルや交通量の多い道路に面した現場で素早くラインを安定させます。

商品コード34043089183
商品名シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609
型番71609
サイズ本体のみ
カラーレッドレーザー
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) レーザー墨出し器 LASER ROBO X-Line-E レーザーロボ エックスライン レッド フルライン・地墨クロス 71609

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。